2011年08月28日

夏バテ対策



町内の回覧板の中に良い事が書いてありました。
【暑い夏を乗り切る食事のコツ】 小田切富枝:管理栄養士

例年より早い暑さの到来で、毎日そうめんやそばなどあっさりした物ばかり口にしていませんか。
肉・魚・野菜などのおかずが欠けると、疲労回復に必要な栄養が不足し、だるさの原因となります。
 夏バテの主な症状は、食欲がない、疲れやすい、だるいなどです。
暑さの急激な変化に体がついていかず、胃の働きが弱まり、食欲も低下します。また、大量の汗をかくと、
水分と一緒にビタミン、ミネラルが体の外へ流れでます。
特にビタミンB1、B2、クエン酸はご飯やパンなどが消化されてできる糖分をエネルギーに変えるのに必要です。
これが不足すると体がだるくなったりする原因となります。
●ビタミンB1,B2を多く含む食材・・・豚肉・レバー・枝豆・納豆、玄米、うなぎ、いわし。
●クエン酸を多く含む食材・・・酢・ゆず・レモン・梅干し・・グレープフルーツ。

暑さで料理が面倒なときにおすすめのメニューは豚肉の冷シャブです。
施設の食事も夏は豚肉、鶏肉、梅干し酢を使ったメニューを増やしています。
 夏バテ防止には水分補給も重要です。脱水症状を防ぐため、水やお茶を数回に分けて少しずつ取りましょう。
冷たいものを一気に飲むと、胃腸の働きを弱くして、食欲不振や消化不良を招きます。
又、糖分の多い清涼飲料水は飲みすぎると空腹感がうすまります。
 冷えたビールは美味しいですが、アルコール飲料は利尿作用から飲んだ以上の水分が体内から出ていくので気をつけてください。
最後に調理のポイントは天然塩を使うことです。天然塩にはミネラルが含まあるをれているので汗を失ったミネラルを補給できます。
 また、食欲のないときは唐辛子やわさびなど食欲を刺激する香辛料などを料理に加えてみてください。

*原文のまま。栄養のあるものを心がけて、元気ですごしたいですね♪


暑さで料理が面倒なときにおすすめのメニューは豚肉の冷シャブや蒸し鶏です。施設の食事も、夏は豚肉、
鶏肉、梅干し酢を使ったメニューを増やしています。
夏バテ防止には水分補給も大事です。脱水症状を

  


Posted by わかばかん at 13:48Comments(0)脳で食べる

2011年01月21日

卵の知識


全国鶏卵消費促進協議会なるものがあるという。
卵の箱の中にパンフレットが入っていた。
おもしろいことが書いてあったので紹介します。

卵のへその緒みたいな、“カラザ”の正体は?
生卵の中にある白いひものようなものを食べる時に取り除くという人は、
10人中8~9人いるようですが、いったいこの正体はなんでしょうか。
この白いひもの正体は“カラザ”といい、卵黄が壊れないように、
卵の中心に安定させるために、いわば安全ベルトの役目をしています。
カラザの成分を分析すると、カルシウム、リン、鉄などのミネラル、カロチン、
ビタミンB1、B2など、なかなか栄養豊富なのです。捨ててしまうのはもったいないですよ。

*私はいつも食べてます。
 あら~。一生懸命に取り除いている方をよく見かけますがもったいなわねー。

  


Posted by わかばかん at 23:02Comments(2)脳で食べる

2010年09月04日

ピーマンはえらい!


ピーマン大好き!
ピーマンはえらいんです。
身体に抵抗力をつけ、疲労回復させるんです。
ピーマンはビタミン類、食物繊維、カルシウムをたっぷり含んだ夏野菜。
青菜類が少ない夏には積極的に食べたいものですね。

ピーマンはビタミンCが豊富です。油で炒めても破壊されないとか。
目の疲れも癒してくれるし、身体のダメージを回復させてくれるそうです。

お薦めレシピ。
1、適当な大きさにざっくり切る。
2、フライパンに少し多めに油を入れる。
3、ピーマンを入れ蓋をして蒸し煮する。
4、やわらかくなってきたらシラスをいれる。
*シラスは適度に塩気があるので味はお好みでどーぞ。
ちなみに私は少し調味料を入れるだけで、あとはしらすの塩気だけでOKです。
ほっぺが落ちそうなほどおいしいです。(あくまでも私の感想ですよ)  


Posted by わかばかん at 14:50Comments(0)脳で食べる

2010年08月27日

ジュースを食べる



猛暑続きで身体も疲れがでてきています。
そんな時にお薦めなのが、「食べるジュース」です。
お中元で頂いたり、旅行先でみつけたり、おいしいジュースが手にはいりやすいですね。

小鍋にジュースと同じ分量の水とゼラチンをまぜて弱火で煮ます。
*缶の場合はジュースを鍋に入れてから、その空き缶に水を入れると同量です。
「泡立て」器で丁寧に混ぜ、軽くなったら(ゼラチンが溶けると軽くなる)火をと止め、
室温と同じになったら冷蔵庫で冷やす。
プルプルしてきたら出来上がり!
スプーンで適当にすくって食べてください。

暑いので冷たいものをとりすぎで、内臓が疲れています。
ゼリーはゆっくりと身体に入っていくので身体の負担が少ないのです。

*流行のコーヒーゼリーのクラッシュは「コーヒーゼリー+ガムシロップ+コーヒー用クリーム」でカンタンにできますよ~。  


Posted by わかばかん at 14:52Comments(0)脳で食べる

2009年12月21日

永谷園生姜部



生姜の絵を探していたら・・・永谷園生姜部を発見!
いいねぇ~。こんなの大好き。http://www.shouga-bu.com/about/ 

【体温が1度下がると免疫力30%、代謝は12%下がる】
現代人は冷たいものや甘いものの食べすぎ、
運動不足などで低体温の傾向にあるという。
健康オタク美容師の私には納得できる。

そこで、生姜をたべましょう。
生姜は免疫力をUPし、
強い殺菌力や抗ウイルス作用があるのでインフルエンザ対策にもよい。
胃腸の働きを活発にし、体内の活性酸素を除去するので老化防止にもよい。

ジンジャーレモネードの作り方
1、鍋に生姜の薄切り5枚+はちみつ大さじ4+水3カップ
  を中火で煮る。
2、ひと煮たちしたら日を弱め、3分煮込む。
3、日を止め、レモン汁大さじ2+レモン薄切り4枚を加えてカップに注ぐ。

*永谷園生姜部のHPにはおいしい生姜レシピがいっぱいあるよ。




  


Posted by わかばかん at 17:34Comments(0)脳で食べる

2009年08月12日

トマトをたべよう



トマトを食べて美人になろう~!

トマトには美肌効果と老化予防効果があるという。

生で食べてもおいしいのですが、
脂肪と一緒にとると吸収効果が3倍になるという。
トマトをいっぱい食べて、この夏を乗り切りましょう。
雨が多いこんなお天気の時には、以外と身体は冷えています。
食材をなんでも入れて「トマトスープ」いかが?

私は残り野菜・きのこ・春雨などを固形スープ・鶏がらスープで煮るだけです。
おいしいよ~。
*味は食材によりますから、お好みの味付けで調理してくださいね。
  


Posted by わかばかん at 16:32Comments(0)脳で食べる

2009年06月26日

モロヘイヤ



昨日TVをみていたら・・・、
モロヘイヤの産地のエジプトでは、スープにするという。

モロヘイヤ、あんなに軸が細いから、見た目あんまり栄養は無さそうだが、
高血圧、がん予防には無敵の野菜だという。

ビタミン・ミネラル・食物繊維などを多量に含んでいる無敵の野菜として注目されているという。
カロチンの含有量は緑黄野菜の中で突出しているし、
ほうれん草の3倍以上、ブロッコリーの15倍ですって!

カリウムの含有量も野菜でトップ。
カリウムは肝臓に働いて、動脈硬化や脳卒中の原因となる高血圧に効果大です。

なんだか、高血圧の人にはいいことがいっぱいあるんですって!

モロヘイヤはねばねば野菜です。
このねばねばは夏にはとってもいいという。

みなさ~ん。
いろんなねばねば野菜をいっぱい摂って、この夏をのりきりましょう~。
  


Posted by わかばかん at 18:23Comments(2)脳で食べる

2009年02月25日

にんじん



時々、出張カットにでます。
その方は、去年の暮れに体調をくずされて、当店に来店されるのが難しいからです。

お宅にお伺いさせていただくたびに、お元気になられています。



元気のヒケツはなんですか?と尋ねると
「にんじんをたくさん食べているからよ」という。

回復ぶりがすごいんですよ!




もとから、根菜好きな私ですが、それからさらに、にんじんが好きになりました。


にんじんはカロチンの宝庫。
にんじんには、がん抑制食品のトップ。1日ににんじん1本食べればがん予防に効果あり、と報告されているとか。


にんじんには、カロチンの他、ビタミン類、カルシウム、カリウム、ヨード、ミネラルを豊富にふくんでいる。

にんじんは、便秘を解消し、高血圧を予防する。
身体の活力を補う作用がある。足がだるい、もの忘れがひどくなった、疲れやすいなどの症状を改善する。
胃腸の働きを助けます。
下半身を温める働きがあるので、冷え性の方におすすめです。
血糖値を下げる働きがあるので、糖尿病の予防・治療にも効果あります。


  


Posted by わかばかん at 15:08Comments(0)脳で食べる

2009年01月09日

ダイエット



只今ダイエット中。

しかし・・・停滞中・・・。



先日あることに気がついた!
こんなことは、他の人には常識だろうと思われますが・・・。


私、何を食べても味がわからないんです。

いくつかはわかるんです!好きなものは。
 ご飯(大好き)とか・・・魚とか・・・。

味音痴だと思っていました。
 私は3大音痴だと思っていました。→歌音痴・方向音痴・味音痴


違ったんですよ~~~。
早食いだから・・・噛まないから・・・味がしなかったんですねー。


よく噛んでたべると、さすがの私も味わかります!

そーだったのか・・・。
ダイエット!奥が深い!  


Posted by わかばかん at 12:16Comments(2)脳で食べる

2009年01月06日

食生活を見直そう



五色の食材をバランスよくとるのがキレイのモト!

青(緑)・・・筋肉を強くする
 肝臓や胆のうの働きを補い、解毒の働きをよくして筋肉になるタンパク質の吸収をよくして、
 身体を活性化し、筋肉を強くする作用があります。
 ほうれんそう・ピーマン・にらなど。 

赤・・・・・・・ホルモンの分泌を調節する
 赤の食材には、小腸や心臓の働きを補い、のぼせやたちくらみなどを防いで、
 ホルモン分泌を調整する作用があります。
  *にんじん・とまと・あずきなど。

白・・・・・・・血行をよくする
 肺や大腸の働きを補い、発汗、発散などを促して、身体を温めて、血行をよくする作用があります。
  *ねぎ・たまねぎ・しょうが・にんにくなど
 
黒・・・・・・・骨を丈夫にする
 腎臓や膀胱の働きを補い、身体のむくみなどを改善する作用があるほか、
 栄養素としてはカルシウムが豊富なので骨を丈夫にします。
  *黒ゴマ・しいたけ・のり・ひじきなど
 
黄・・・・・・・他の色の食材に+して全体の調子を整える
 胃や脾臓の働きを補い、筋肉などの緊張をゆるめて、身体全体の調子を整える作用があります。
  *ひえ・あわ。

・医食同源(食べ物は薬と同じようにカラダに作用するという古くからの中国にある思想)。
・食べたもので身体はできている。

鍋などで野菜をたくさん食べれる季節です。いっぱい食べましょ♪  


Posted by わかばかん at 21:51Comments(0)脳で食べる

2008年12月27日

チンゲン菜



チンゲン菜がおいしいですね。

チンゲン菜はビタミンが豊富で、特にカロチンの含有量はピーマンの6倍とか。
ビタミンB1、B2、Cも豊富です。

毎日食べていれば、次第に抵抗力がつき、虚弱体質が改善されるというからすごいですねー。
カルシウムも多く含まれているので、精神安定作用もあります。

忙しい方はいっぱい食べましょう♪


チンゲン菜は便通を促す野菜の代表格。
食物の消化を促進し、便秘を防ぎ、動脈硬化を起こす悪玉コレステロールの形成を阻止するという。


体の熱を冷まし、胸のもやもやを取り除き、二日酔いや心臓疾患にまで効果あり。
胃腸を整えたり、尿の出をよくしたりといろんな効果があるのですよー。



おいしいからぱくぱく食べていましたが・・・・チンゲン菜ってすごい!




*私のイチオシは、「チンゲン菜のあんかけ」です
   1、チンゲン菜をゆでる。
   2、水+コンソメ+きのこ(何でも可)で少し濃い目の味付けの「あん」をつくります。
   3、それをチンゲン菜にかける、又は、一緒に煮る。
   *豆腐にかけてもおいしいです。         
              


Posted by わかばかん at 17:21Comments(0)脳で食べる

2008年11月27日

ごぼう



私はごぼうが大好き!

1番好きなのはごはん。2番がごぼうです。

ごぼうには、食物繊維がたっぷりです。
ごぼうの食物繊維は消化吸収されませんが、
胃や腸をきれいに掃除してくれ、便秘を防ぎ、腸内の悪玉細菌の繁殖を防いでくれます。

ごぼうには、強壮効果あり。
昔から元気の元を言われているとか。

老化現象による腰痛や立ちくらみ、耳鳴り、物忘れに有効です。
体内の余分な熱を冷ます働きがあり、炎症を抑え、腫れをとり、
風邪による熱、喉の腫れ、歯痛、咳、むくみ、ほてりに有効です。

動脈硬化・脳卒中の予防、脳出血の後遺症、胃痙攣にも有効だという。

ごぼうをたくさんたべましょうー。


私の好きな食べ方
1、皮をむいて、水にさらす。
2、生姜を皮ごと細かくきる。
3、フライパンに、油+生姜+ひき肉(なんでも可)をいためて、ごぼうを入れる。
4、コンソメ+水(ごぼうが浸るくらい)で煮る。

肉は骨付きでもOK。
他に里芋やニンジン、こんにゃくなど、お好きなものを入れてください。  


Posted by わかばかん at 18:30Comments(0)脳で食べる

2008年11月13日

干してます!



私、趣味は乾物作り。
いろんなものを干しまくります!

今は大根と柿。

大根は、皮をむいて、5ミリ位に輪切りにして、千切りにします。
干し網でそれをほしています。

1日2~3回かき混ぜて1週間くらい干しておきます。
だんだんと縮んでくるのです。色も黄色っぽくなってきて・・・。



だんだんと縮んでくると、量が少しになるので、第2弾を入れます。

今は干し網が3つあります。

結構と冬は乾物に追わて忙しい(なんじゃそれ?って自分でも時々思います)



■大根の効能■
ビタミンCが豊富。消化不良・糖尿病に卓効。
消化酵素が多く含まれている。
胃がもたれる、胃が痛い、胃もたれ、お腹が張る、食べすぎ飲みすぎに効果あり。これからにぴったりですね。
食物繊維も豊富なので、便秘にもいいです。

大根には、熱を冷ます・炎症を抑える効果が、消化器系の働きを調整します。(生食でどうぞ)


大根を煮たものや干したものは、胃腸を温めて消化吸収を増進します。


  


Posted by わかばかん at 17:00Comments(0)脳で食べる

2008年10月30日

“今年の秋”の楽しみ方



今年は台風がきてないので、りんごが豊作なのだという。

そこで・・・私流な“秋の楽しみ方”をお知らせします。



りんごの皮を干します。(干し物作り用網のない方は、洗濯ネットで十分ですよ)
3日も干しておけばOK。

私は、干したりんごの皮の半分の量をティーポットに入れ、紅茶をいれて、お湯を注ぎます。


今日は、たくさん飲みたかったので、小鍋で煮ました。

*紅茶というのは・・・・入れたら蓋をしておくと、いいらしいですよ!




■りんごの効用■
便秘や下痢にも効果あり。
 ビフィズス菌をはじまとする善玉菌を繁殖させ、有害菌の繁殖を抑えるので下痢をとめる。
 ペクチンは消化されないので、腸内をそうじして有害物質の排泄を促進するので、便秘を解消。

水分代謝を調整して喉の渇きを抑える作用や、暑さを解消してほてりや胸のもやもやを治す働き、
むくみをとる利尿作用、酒酔いをさます効果、気管を潤して咳や痰を止める効果もあり。


◎りんごは朝食べるとよい!とみのさんのTVで言ってましたよー。
  


Posted by わかばかん at 12:13Comments(0)脳で食べる

2008年10月26日



柿にはビタミンCが豊富に含まれている。
体の抵抗力を高めて元気をつけるので、病気も早く回復します。
風邪の予防はもちろん、老化、高血圧、がん予防にも効果ありです。

2日酔いの特効薬としても有名。
飲酒前にたべるとよいらしい。(干し柿は効果ないという)


柿の葉茶には、みかんの30倍のビタミンCが含まれている。
新陳代謝を活発にし、高血圧、動脈硬化などに効く。



干し柿は糖分が生柿の4倍近くに増え、疲労回復に効く。
胃腸を丈夫にして内臓を温める効果あり。
また、表面につく白い粉は気管の粘膜を潤して、咳を止め、痰を取り除く働きあるので、
慢性気管支炎や肺結核の治療に利用されているらしい。



消化があまりよくないので、いくらおいしいとはいえ、食べすぎには注意です。




私、乾物作りが趣味です。何でも干します。
今、食べごろの柿を干してます(そのまま食べれる柿を皮をむいて干してます)

もう~~~~おいしい~~~~。
2日くらい干しておくと、ホンットにおいしいお菓子のような柿になります!



柿は洗って皮むきます。
柿と柿の皮と干してます。
柿の皮は、浅漬用に乾燥させてとっておきます。
浅漬のときにほんのりとして甘さがでるような気がします。
(よく漬物の中に柿の皮が入っているので、私も入れてます。
                    真意のほどはわかりませんが)

































  


Posted by わかばかん at 16:24Comments(0)脳で食べる

2008年10月21日

かぶ



以前、王理恵さんがTVで「かぶの葉には栄養が多いんですよ」
と言っているのを聞いてから、かぶの葉が気になります。


かぶには・・・・
胃腸を温めて冷えを取り除き、腹痛をやわらげる効果があります。
胃もたれや胸焼けを解消し、
しつこい咳を止め、
体のほてりや喉の渇きを癒す働きがあります。

かぶの葉には・・・
成人病に有効な栄養素であるビタミンA、B、C、
カルシウム、鉄、食物繊維が豊富に含まれています。




亜鉛の含有量もカキやかずのこに次いで多く、
牛肉に匹敵するほどです。

亜鉛→酵素の働きを活性化させるのに必要なものです。

亜鉛が不足すると・・・皮膚や骨格の発育や維持が遅れたり、
              傷の回復がおくれたり、
              脱毛や、爪に白い斑点ができたりします。


最近は、亜鉛が脳の機能を活性化させ、
学習能力の向上に効果があるということで、
注目されてます。


かぶってすご~~い!      
  


Posted by わかばかん at 20:16Comments(2)脳で食べる

2008年09月16日

栗の渋皮煮



栗は足腰を強くするという。
体力のない、お年寄りや病人にぜひすすめたい!

栗は効率よく体や脳にエネルギーを送り込むことができるから、
小さい子供や学生さんにももちろんすすめたい。


栗はビタミンB1が豊富!

ビタミンB1が不足すると・・・
代謝がわるくなり、
疲労物質の乳酸がたまって、
慢性疲労・筋肉痛・腰痛・気力減退の原因になり、
情緒不安定や脳の働きの低下・老化の原因となるらしい。


びっくりね~。


■簡単、渋皮煮の作り方■

材料  栗・・・・・・・・・・・・・・1キロ
     重曹・・・・・・・・・・・・大さじ1
     水・・・・・・・・・・・・・・2.5リットル
     A[水1リットル・砂糖500グラム]


作り方  1、栗は、お湯に30分ほど浸す
        渋皮に傷をつけないように、鬼皮をむく
      2、鍋に、分量の水、渋皮をむいた栗を入れる
        沸騰したら重曹を入れ、弱火で1時間煮る(途中であくをとる)
      3、水にとり、渋皮についている、筋や余分なわたを楊枝でとる
        一度ゆでこぼす
      4、鍋にAを入れて、弱火で30分煮て、冷めるまでおく。




■本格派の渋皮煮を作りたい方は・・・■

とってもおいしい栗の甘露煮ですが、その分手間もすごい・・・。
特に渋皮をきれいに残す皮むきは、内職状態です(´ヘ`;)
時間もかかりますが、完成したときの達成感と、なによりそのおいしさには
作る甲斐があったと思えるものです。



ポイント

 渋皮に傷がついていると、中身が崩れてボロボロになり、煮汁がにごるので注意します。
 栗の底の厚い部分を少し削ってそこから剥くと剥きやすいです。



材料

栗 1kg  三温糖 500g  重層 小さじ1



作り方

栗はボールに入れ、一晩水に漬けておく
渋皮に傷をつけないよう外側の硬い皮だけをむく
鍋にたっぷりの水と栗を入れ、重層を加えて火にかけ、沸騰したら中火にしてアクをとる
10分経ったら、火を止め、水にさらす
この際、竹串などでスジなどを掃除する

また新しい水・重層を入れて同様に10分煮る
これを3~4回繰り返す

きれいな水をヒタヒタになるまで入れ、沸騰したら三温糖を2・3回に分けて入れる
とろ火で1時間ぐらいコトコト煮る
水がなくなってきたら足す

一晩冷ます
翌日もう一度火にかけ、冷ましたら出来上がり!!(*^▽^*)




  


Posted by わかばかん at 17:55Comments(2)脳で食べる

2008年09月07日

ハーブ



最近は、痩せにくい体質の人が多いという。

ハードな運動や食事制限をしても痩せないという人は、
偏食による栄養のかたよりや精神的ストレスなどで、
体の仕組みが狂い、痩せにくくなっているのだという。

ハーブはお茶として腸から吸収でき、
アロマオイルという形では肌から浸透します。
また香りは脳へも働きかけます。

体全体に作用するので、ハーブは人気なんですね。



ホルモンバランスを整える
   ワイルドヤム・ジャスミン・杜仲茶・プーアール茶・オレンジピール

睡眠へ誘う
   ジャーマンカモミール・パッションフラワー・レモンバーベナ・クマザサ

ストレスに効く
   ラベンダー・ローズマリー・レモンバーム・プーアール・オレンジピール

デトックス
   ゴボウ(バードック)・レッドクローバー・はと麦・チンピ

カロリー調整
   ポンコランチ・マテ茶・ギムネマ・プーアール・杜仲茶

むくみをとる
   ハイビスカス・ダンデライオン・はと麦・クマザサ

脂肪分解促進
   カルダモン・チリ・フェンネル・プーアール・はと麦・クマザサ



たまには・・・お茶やさんをのぞいてみよう。

新しい味覚を発見するかも!?




いろんなお茶を飲んでみたい今日この頃です。
でもー・・・お茶ってシブがあるんですよー!
先日歯科で、「着色してますねー!」と言われ、「ドキッ」とした私。
そーなんです!最近飲んでるお茶は濃いんです。
やかんに4ティーパック(4種類)いれて沸かしてました
最近3ティーパックにした私です。

  


Posted by わかばかん at 21:21Comments(0)脳で食べる

2008年09月06日

脳細胞を活性化します。



里芋が出始めてきましたね。

里芋の主成分はでんぷん、タンパク質ですが、
でんぷんのエネルギー化を助けるビタミンB
脂肪を効率よく燃焼させるビタミンB
便秘や肥満を解消し、
コレステロールを低下させる食物繊維を多く含んでいます。



皮をむくとヌルヌルしますが、
このぬめりは、炭水化物とタンパク質の結合した粘性物質です。
このヌルヌルは、脳細胞を活発化し、免疫力を高めます。

老化やボケ防止、成人病を予防し、胃腸の働きを高め気力を増します。


せっかくですから、下ゆでせずに使いたいですね。  


Posted by わかばかん at 15:38Comments(0)脳で食べる

2008年08月30日

かぼちゃ



かぼちゃは体を温め、胃腸を丈夫にし、体力をつける作用があります。

ふだんから胃腸が弱く、疲れやすい人、
病気で体力が衰弱してるような人には特に効果てきです。
また利尿作用があるので、肝臓病によるむくみにも効きます。



かぼちゃの種子には、良質のタンパク質や脂肪が多く含まれ、
漢方では去痰剤、咳止め、糖尿病の治療剤として使われているとか。


■かぼちゃの種の食べ方■
 かばちゃの種をよく洗い、わた・ぬめりをとる。
 種をふいて、乾物ネットで干す。
 1ケ月くらいすると薄皮がむけてくるので、こすってとる。
 そのままで保存。


  


Posted by わかばかん at 14:26Comments(0)脳で食べる