2009年09月10日



友達というのは、どういう時になるのだろうか?
何か心が触れ合うポイントがあるのだろう。

私を友達と呼んでくれる、親と同じ年頃の美容師さんがいます。
その方とは1回しか会ったことがないのです。

私の同級生が栃木の方とご縁があり、
その結婚式に呼ばれた時に、友達の花嫁支度をしてくれた美容師さんなんです。
こんな機会はないと思い、お支度の様子を見せていただきました。

神社でのお式でした。
お支度会場から神社までおごそかに歩いて行き、(新郎新婦+親戚一同。10~15分くらいか?)
神社でお式をあげて、また歩いて式場へ。

その間中、いろんなお話をさせていただいたのです。

昔の方にしては、お背が高くて、ステキな美容師さんでした。

それから、毎年夏になると私は黒埼枝豆をおくり、
彼女からは黄桃が届きます。

「届いたよ。ありがとう~」と電話でちょっと話しをして・・・それがまた楽しいのです。

地震の時には心配して電話をいただきました。

それからしばらくして・・・体調をくずされたそうで、今はほとんどベッドで過ごすそうです。

それならば、ハガキで新潟の様子を知らせてあげよう!と思い、
先日、古町界隈に行く用事があったので、カメラを持っていきました。

上の写真は高浜虚子が新潟に来た時に読んだ句ですホテルオークラの前にあります。
  ↓は証拠



他には・・・こんなものを写してきました。







先日の日記の朱鷺と合わせて、加工して送ろうと思っています。

これなら新潟にこなくても・・・新潟通だよねー。  


Posted by わかばかん at 16:07Comments(0)新潟便り