2018年05月13日

謎は解けた(ハヤシライス)

私の「訳の分からないもの」の中にハヤシライスがある。
ハヤシさんがつくったからハヤシライスだというのは知っていた。

ありましたよ~。
ハヤシさん発見!(栄養と料理6月号より抜粋)*所説あり。

ハヤシさんとは、早矢仕有的(ハヤシユウテキ)という人だという。
幕末に現在の岐阜で生まれた。
家業の医学を学び、江戸にでて開業。
その後、2歳年上の福沢諭吉にその才能を見込まれて事業家になる。
明治2年、32歳の時に丸屋商社(丸善の前身)を設立。

肉食がまだ一般的でなかった時代、
「肉は薬、虚弱な日本人を強くするには必要な栄養素」という福沢諭吉の教えを受けて
医師である早矢仕有的が肉食普及のために推奨したともいわれている。

ありあわせの肉や野菜をごった煮にしてごはんを添えてふるまったことから
なづけられたというのが有力らしい。
会社の見習い生に商いを勉強させた後に出したとか、
自身の患者に食べることを推奨したら、すっかり元気になったなどのエピソードも残る。

時は流れて、このハヤシライスが丸善の長い歴史の表舞台に再登場するのは昭和27年。
戦後建てられた丸善本社ビルの屋上にゴルフ練習場があり、
スナックバーという軽食屋のメニューだった。
材料費が高く手間がかかるのでメニューからはずしたいと店は考えていたところ、
昭和60年4月「週刊朝日」にハヤシライスと早矢仕有的の記事が載って人気になった。

ハヤシさんって、料理人じゃなかったのね。
丸善というのはよくわからんが、私のよく行くジュンク堂書店みたいだ。
  


Posted by わかばかん at 15:46Comments(0)なぞは解けた

2018年05月04日

OH~。すげ~。



旅行会社のパンフをみていた。
ん?この写真に目が止まる。
なに?これ?

これはCMで話題になったこともあるという江島大橋だという。
え~CMみたことないけど~。
ま、詳細は↓
http://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/996

急勾配の坂の上からは360度の絶景らしい。
でも遠くからでないとわからないって。
そーだよねぇ。走っていたら感じないかもね。
  


Posted by わかばかん at 17:01Comments(0)

2018年05月01日

とりあえずやってみる。



私はユーチューバーになりたい。
ちょっと試してみて思うのは、
(自分で)技術をやって説明するのは一人では難しい。
技術してる姿を見てもらうと声(説明)が入らない(小さい)。
技術して音を入れるマイクも買ってはみたがダメだった(接続できず)

どうするか?
ヨドバシカメラに行ってみようと思いながら時間がない。
ヨドバシのテーマソングがヤカマシイが私が欲しいものが必ずある。

ま、しかたないので、とにかくやってみようと思う。

この本は、弓岡勝美さん著(世界文化社 ¥1400税)
ステキな半巾の帯結びの本だ。
夏のお出かけにちょうどいい!

私は火曜日に着付け教室をしているよ。
結ぶのは生徒のYさん。又はMさん
(実は生徒が2人になっているのだ)
編集&説明は私。
時間は30秒。
ま、こんな感じでやってみようと思っています。

この結びは長さが4m20cm必要。
普通の半巾帯では足りない。
2枚つなげるか、ほどいて加工するか、はたまた作るかしてね。
表と裏が柄が違うとかっこいいよ。

おしゃれするって加工技もいるなぁ・・・と手持ちの帯をみて考え中な私。





  


Posted by わかばかん at 18:56Comments(0)