2017年11月25日

だっけさ。

FM聞いてます。
リスナーの投稿から。

「転勤で新潟へ来ました。
そんな私のツボにはまったのが《だっけさ》。
その言葉を聞くと笑えてくるんです。
まだ使いこなせていません。
早く使えるようになりたいです♪」

あまりに身近すぎて考えたことがなかった。
そう言われると「いい言葉じゃないか」と思える。

「よそ者・若者・ばか者」
何をもってこの言葉が生まれたかしらないが、
新しい発見がある。






同じカテゴリー(ラジオで聞いた話)の記事画像
ザ・ローズ
仙台セリ鍋
口笛
キリンの移動
チョコパイを買いにいくぞ~。
渡り鳥
同じカテゴリー(ラジオで聞いた話)の記事
 乳酸菌の正体(笑) (2018-02-04 16:47)
 ザ・ローズ (2017-05-25 20:21)
 仙台セリ鍋 (2017-02-11 17:54)
 口笛 (2016-12-08 15:57)
 秋の夜長におすすめ。 (2016-10-07 12:37)
 墓を訪ねて3千里 (2016-09-20 15:00)

この記事へのコメント
「だっけさ」は新潟弁としては便利な言葉ですね。
越後OYAJIが古い友人に面白いといわれた新潟弁は「だすけ」です。
「~だすけ」というのを自然に使ってしまいます。
しかし、私は新潟市内に住んでいますがなかなか新潟弁にはなじめていません
特に生粋の新潟人同士が語り合うのを聞くと、ほとんど理解できません。
新潟弁には新潟弁としての独特のニュアンスとイントネーションがあるからです。
標準的な日本語とは対極にあるのでしょう。。。。
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2017年11月30日 19:23
新潟弁にどっぷりつかりすぎているので、標準語と新潟弁の区別ができない。「え~これって新潟弁なの?知らなかった」なんてことよくあり。標準語だと思っているので、標準語に変換できない。笑うばかりだ。
Posted by わかばかんわかばかん at 2017年12月01日 14:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。